自己啓発

自分を変える実践的な方法 運勢をよくする魔法のような法則

投稿日:2017年8月8日 更新日:

Pocket

 

いつでもどこでもよく聞く言葉

「最近俺ついてなんだよね」
「運が悪いことばっかりだよ」
「たまにはいいことないかな」
「何かに取りつかれてるのかな
 悪いことばかり起きるんだよ」
「お祓いにでも行った方がいいのかな」
「占い師に運勢を見てもらった方が
 いいかもしれない」

 

これらがひどくなると
「もともと俺は手相も悪いし運もない
 きっと悪い星のもとに生まれたんだ!!」

 

私も以前このようなことばかり考えて
その上、人にこんな愚痴ばかり
言っていました。

 

実はこういった考え方そのものが
運を悪くしてるんです。

 

こういった思考が現実化しているに過ぎないんです。

 

決して幸運は、天から降ってくるものではありません。
まして、もともと悪い星のもとに生まれた人
なんていません。

 

そう思ってるから、そうなるんです!!

 

よく悪いことが続き過ぎる、いったいどうしたというのだ?
それは、悪いことが起こったから、また悪いことが起こるに違いない
と思っているから、また悪いことが起こるんです。

 

 

思考が現実化してるにすぎません。

 

だとしたら、運を味方にする決定的な方法は、
簡単に見えてくるはずです。

 

 

こちらから仕掛けるのです。

 

具体的に言えば、先日記事で書いたように
肯定的宣言 アファーメーションをすればいいのです。

 

たとえば、悪いことが起こったら
今度はいいことが起きるに決まっている!!
と思えばいいのです。

 

先日の記事で書いたように

朝起きて、今日は調子が悪いと思った

その瞬間

今日はいいことが起こるぞ!!

あ~何かいい予感がする!!

自分はもともとついてるんだ。

もともとれは強運の持ち主だ。

 

と宣言するんです。

口に出して強い調子で、いうんです。

 

 

ですので、占い師のところに行く必要もないし
お祓いをする必要もありません。

こちらから仕掛けていくんです。

この仕掛けには、一銭もかかりません。

 

こうしてネガティブな感情をポジティブな感情
に置き換えることで、思考も前向きになります。

 

そうなるとあなた自身が変わってきます。

あなた自身が、よい方向に変わると

いいことがたくさん起こります。

いい情報がたくさん入ってきます。

そして、いい人、幸せな人が

あなたのもとに集まります。

 

 

もちろん1日でいっぺんに変わることはありません。

少しずつ変わっていくのです。

 

 

決してあきらめないことです。

あきらめたら、それが実現化してしまいます。

つかみかけていた幸運も逃げて行ってしまうでしょう。

 

運とは、決して神秘的なものではありません。むしろ科学的なものと言っていいでしょう。

 

 

 

ぴっぴ

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を変える方法 認知療法の活用方法 思考の歪みを正せば楽になります

  前回こういった提案をさせていただきました。     間違った「思い込み」をすべて いいものに変えてしまうと・・     その一番目にそもそもの問い …

本当に幸せになりたいなら いったん 自己啓発や成功哲学から離れた方がいい。

  自己啓発で一番有名な本、または有名な言葉は、ズバリこれではないでしょうか?   「思考は現実化する」    これはかの有名なナポレオン・ヒルの言葉です。しかしこの本を …

自分を愛する方法。自分に優しくして愛の言葉をかける。

こんにちは。 幸せアドバイザーの高本です。 私が幸せアドバイザーと言っても 決して上から目線で読者の皆様に教育するわけではありません。 教育という言葉、大嫌いです・・・・・・・ ただただ皆さんと情報を …

アンチエイジング!!年を取ると老化するという科学的根拠はありません。

アンチエイジング 年を取ると老化するって本当か   私は以前から大変疑問に思っていました。   年を取ると老化するという科学的根拠はあるのだろうか? たとえば老衰で死ぬという人はま …

ダメな自分を変える方法  自己啓発で有名なジョセフ・マーヒィーの本当に言いたかったこととは

  このブログでは再三言っていることがあります。 それは、あなたが「ダメな人間」などということは あり得ないということです。 あるとしたらその証拠を見せてほしいです。 人間だれしも間違いを犯 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。