自己啓発

自分を変える決定的な方法 今すぐ幸せを宣言する

投稿日:2017年10月27日 更新日:

Pocket

 

自分を変えたい!!幸せになりたい!!

こういった声をこんなに聞く時代になったことに
とても驚いています。

というのは、かつてはそれほど言われてなかったことだったんです。
つまり、今幸せではない人が多いということなんです。

今の日本の人、はっきり言ってお金にこだわり過ぎです。
執着のし過ぎです。お金に関して心配し過ぎです。

はっきり言って異常です。お金持ちになれれば幸せになれるという人が多すぎるんです。

 

逆ですよ!!幸せだからお金持ちになれるんです。幸せだから向上心を持てるんです。

 

では、どうやって幸せになれるんでしょうか。逆に不幸とは、なんなんでしょうか?

 

 

どうやって幸せになれるんでしょうか?実は簡単なんです。私は、このブログを通して再三言ってきました。

 

「はじめに言葉ありき」イエス・キリスト これなんです。これしかないんです。

 

ですので幸せになる方法は、一つしかないんです。今、たった今「私は幸せだ!!」と宣言することです。

 

信じられないかもしれませんが、これが真実です。幸せとは、何かの条件がいるわけではありません。

 

現状とは関係なく「私は幸せだ~~!!」「本当に人生って楽しい!!」「だからもっと幸せになりたい」

これを言う、実際に言葉に出して言う、実はこれに尽きるんです。難しいことは何もありません。

 

言葉の力は、すさまじいものがあります。「私は幸せだ!!」と何回も言ってると本当に瞬間に幸せを感じることができるのです。

 

言葉は、「感情」や「イメージ」を運んできます。言葉を発しただけで 幸せな感情やイメージを一緒に連れてきます。

 

実はこんなに簡単なことなんです。みんな難しく考えすぎます。

 

 

ところがこの考えすぎの多くが「~だったら幸せ」「~があったら幸せ」と考えているようです。

 

違います。ここが皆さんが決定的に間違えているのです。自分の心がいったん幸せに向かい「私は幸せです」と言うと幸せになれるんです。

 

あなたが決めることなんです!!

 

私がこう書くと、そんなはずはない!!それだったら誰でもすぐに幸せになれるじゃないか!!現状を見てよ!!

不幸な人ばっかりじゃん!!

 

 

違います。不幸な人や病気になる人は、「不幸や病気」のことばかり考えています。

 

そして不幸な人は、おうおうにしてこういいます。「私には価値がない」「私には運がない」「私には能力がない」

 

いいですか!!何度でも言います!!

 

価値がない人なんて存在しません。能力のない人なんて存在しません。一切です。

 

朝起きて少しでも憂鬱な気分を感じたら、大声で言いましょう「私は幸せです」と

 

 

必ずあなたに変化が訪れます。

 

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中高年男性 自分を変える 実はセロトニンなんて全く意識しなくていい。その根拠とは。

  私は、今かなり運動してきました。 運動と言っても激安店に食料と ジーンズを買ってきただけです。 かなりの量歩きましたし、重たい荷物 たくさん背負ってきました。   とても多くの …

中年男性自分を変える方法 人生に生きがいを 自分の好きを仕事にしよう

  私の父の例で恐縮ですが。 仕事を定年退職した途端 何もかもやる気がなくなり 定年後70歳でがんで亡くなりました。   仕事を失った後の父はいつもさみしげな顔を していたのを覚え …

うつ病の本当の原因を徹底究明すると常識とは全く異なる驚愕する真実が浮かび上がる。

  うつ病の原因としてここ10年前から当たり前のように 言われていること「セロトニン不足」 脳内分泌ホルモンのセロトニンが少ない状態   これが生理学的には、うつ病の原因とされてい …

ダメな自分を変える方法  自己啓発で有名なジョセフ・マーヒィーの本当に言いたかったこととは

  このブログでは再三言っていることがあります。 それは、あなたが「ダメな人間」などということは あり得ないということです。 あるとしたらその証拠を見せてほしいです。 人間だれしも間違いを犯 …

中高年男性 ネガティブな7つの感情をクリアにする方法を公開 1

  ネガティブな7つの感情   1自己嫌悪 2罪悪感 3恐れ 4怒り 5悲しみ 6不安 7羨望・嫉妬   この7つの感情をやわらげる方法を わたしなりの解釈で提案します。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。