自己啓発

中高年男性自分を変える方法 無理をして出世街道? 本当にそれで幸せですか?

投稿日:2017年7月28日 更新日:

 

私はずいぶん以前から
無理をするのが苦手でした。
それは、別に私が何か悟ったえらい
人間だとか、そんなことは全然ありません。
ただできなかっただけなのです。

ですから若い時から「もっと気合いを入れろ」
とか「踏ん張りがきかない人」とか
「根性のない人」などと言われて
生きてきました。

確かに場合によっては無理しなくちゃならない
場面もあると思いますが、

私は、特にビジネスパーソンの人たちは
無理をし過ぎてるな~とい言った感じがします。

やはり出世したいのでしょうか?
無理をして出世していくらかは給料は
上がるかもしれませんが、
その分犠牲はつきものです。

 

まず、長時間労働は家族を犠牲にします。
家族と一緒にいる時間が短いばかりか
父親の顔は、ほとんど見ないという
子供さえいるのが実情です。

確かに長時間労働で出世して同僚より
数十万給料がいい場合もあると思いますが。

 

家族よりももっと大切な自分自身を
傷つけてしまう可能性もあります。
それは、病気を患うことです。

 

人間は大脳支配動物です。つまりストレスが病気の大半の原因
になります。

 

もちろん無理をするということは
多大なストレスを生みますので
病気の直接的原因になりかねません。

病気にまではならなくとも
そういうとてもタフな人でも
頭痛や肩こり腰痛などの原因になります。

この状態でももう脳は危険信号を
出しているわけです。
病気の前兆と言っても過言ではないでしょう。

私は無理ができない性格だったのでおかげさまで
精神的に弱い部分を除いては、大病を患った
経験がありません。

信じられないといわれるかもしれませんが
頭痛、腰痛、肩こりなど
ほとんど経験がありません。

 

どっちが得かよくわかりませんね。

 

でもいかがでしょう?
考えてみてください。わずか数十万のために
家族との時間を犠牲にしたり
大病を患ってしまったら、
費用対効果として本当に
どちらが得なんでしょうか?

 

確かに出世したい、人の上に立ちたい
お金をもっともらいたい。
全然悪いことではないです。

 

しかしもしかしたらその出世したいという背景には
支配欲や優越感などの人間の本来の
向上したい対象とはかけ離れたものを
目指してるのかもしれません。

 

人間の本当の成長というのは
まず自分を愛すること。
決して自分を責めないこと。
他人をも愛すること。
そして他人を責めないこと。
ではないでしょうか。

 

こういう人になれるといいですよね。

こういう人は、自然と人が寄ってくるので逆に出世するんじゃないんでしょうか?

 

決して無理をせず
「今日は妻とディナーの約束があるから
定刻で帰るよ」
と言える中高年男性ってかっこよくないですか?
女性の優秀な社員でしたら間違えなく尊敬します。

 

 

どっちが得か、というより
どちらの人生の方が楽しいか真剣に
考える時代がやってきました。

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

悪いことが起こってもそんなに落ち込む必要はありません。素敵な明日があなたを待っています。

人生山あり谷あり 悪いことが起こってもあまり落ち込まないようにしましょう。   落ち込まない方法を考えていきましょう。   悪い事っていうのは本当に悪いことと、実は悪いことと自分で …

中年男性 自分を変える方法 「お金がない」って言葉すぐにやめましょう

  中年男性に限らず 若い人でもそうですが 人間をやっている以上 すべての悩みから「解放される」 ということは、できないかもしれません。     これはブッダの言った名言 …

中年男性 独身の方へ。女をゲットするのは口説きじゃなくて洗脳 そのテクニックを大公開

  私も独身なんですが、洗脳までして 女をゲットしたいと思ったことは、 ありません。 正直、結婚するまで価値観が共有できる女性が一回も 現れなかったんです。 私の宿命でしょうか? というより …

日本人空気読むばかり 自主性はどこへ KYのすすめ

  私はよく人から空気読めない人かもと 思われてしまいがちです。 このブログもなんか一風変わってるでしょう。   実は私空気が読めないんじゃなくて 空気自体が嫌いなんです。 皆同じ …

中年男性自分を変える方法 絶望を夢に変え前向きに生きる具体策の一つ

  貧困で独身、これだけをもって きっとこういう人たちは、ダメ人間なんだろう どこかに欠陥があるに違いない。 そう考える浅はかな人たちが あまりにも多すぎる、 この日本という国、落ちたな~ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。