自己啓発

中高年男性 自分を変える 実はセロトニンなんて全く意識しなくていい。その根拠とは。

投稿日:2017年8月22日 更新日:

Pocket

 

私は、今かなり運動してきました。
運動と言っても激安店に食料と
ジーンズを買ってきただけです。

かなりの量歩きましたし、重たい荷物
たくさん背負ってきました。

 

とても多くの人が
「運動をしたら健康にいい」
と言っています。

 

 

実際うつ病にかかった場合、セロトニンという
脳内ホルモンを出すと良いと言いますし

それには、運動が一番と言います。
実際実験結果もたくさん出ています。

 

しかし、本当にそうなんでしょうか?

 

というのは、運動して家に帰ってきても
気分がよくなるどころか、私の場合ですが、
逆に疲れて、ちょっとだけ憂鬱になることが多いんです。

私だけが変人で、そう感じるのであれば
何も問題はありません。

ただ運動が苦手という人は、どうも私だけではないばかりか
とてもそう感じてる方が多いのも事実です。

 

 

 

 

 

ここで大きな疑問が生じてきます。

 

セロトニンの量ってどうやって測るんですか?今の科学では、セロトニンの量なんて測れません。

 

 

ということです。

 

憂鬱になったりうつ病の人は、
セロトニンとノルアドレナリンの分泌量が足りない

と言われていますが、今の段階では
あくまで仮説でしかありません。

私もうつ病にかかったことがありますが、
抗鬱剤が効いた記憶がないんです。
そう感じてる人は私ばかりではないようです。

 

健康診断でγGPR値が高い時は、アルコール摂取量が多い
これは明らかに科学的に証明されています。
対処法は明らかで、節酒あるいは、禁酒が必要でしょう。

 

 

しかし健康診断で、「セロトニン値が低い」といわれることはありません。

 

 

つまり、今の段階では対処のしようがないのが実情です。

 

もちろん精神科にかかって症状が改善したら
何も問題はありません。社会復帰された方も
数多くいます。

 

現在の精神医学では、うつ状態の改善や精神病の治癒などに対応できるとはとても思えません。

 

 

何かダイナミックな精神の仕組みのどこかが
何かのきっかけで、委縮してしまった

そのようなものが、うつなどの原因になっているような気がしてならないのです。

脳内ホルモンの代謝異常などは、その結果にしか過ぎない
と考えてます。

 

 

セロトニン、セロトニンってみんな意識しすぎているような
気がしてなりません。

 

 

科学的に証明されてないものをなぜ意識する必要があるのでしょうか?

 

 

そんなことよりも、毎日楽しく生きる方法を
模索していった方が、
よっぽど人は変れると思います。

これからたくさん取材して、成功するには
自分を変えるには、幸せになるには
いろいろとご一緒に考えていきたいと思います。

 

 

 

最後に、パキシルという抗鬱剤が、たいへんな問題を
引き起こしているという実情をご参考になるかと思い
動画を載せてみました。セロトニン至上主義の悪い例です。

よろしければご覧になってください。

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中高年男性 ネガティブな7つの感情をクリアにする方法を公開 1

  ネガティブな7つの感情   1自己嫌悪 2罪悪感 3恐れ 4怒り 5悲しみ 6不安 7羨望・嫉妬   この7つの感情をやわらげる方法を わたしなりの解釈で提案します。 …

中年男性自分を変える お金持ちになるには 心を豊かにすること 感謝すること

  本当の幸せとはなんだろう? 中高年男性がもっと活き活きと 元気が出る生き方ってなんだろう。 こういったことを分かち合うのが このブログの特徴です。 では、幸せとお金について今日は 考えて …

中年男性自分を変える方法 ふだん緊張感や不安感が高い人ほど成功する!!その実態とは。

  私もこの歳(52歳)になって さすがに、何かの成果、成功をおさめなきゃ と思い始めました。 そしてあらゆる自己啓発本などを読み漁り こういった言葉にぶつかりました。 「ワクワクしてリラッ …

中年男性自分を変える方法 絶望を夢に変え前向きに生きる具体策の一つ

  貧困で独身、これだけをもって きっとこういう人たちは、ダメ人間なんだろう どこかに欠陥があるに違いない。 そう考える浅はかな人たちが あまりにも多すぎる、 この日本という国、落ちたな~ …

自分を変える実践的な方法 お金は汚いもの その嘘を徹底解明

  特に日本人がそうなんです。 お金は汚いもの、清貧こそが 正しい生き方。それが神の教え。 貧しさの中でも、たくましく 生きていく。金がなくても心がある。 節約こそ素晴らしい。   …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。