自己啓発

自分を責めるのはやめよう。まず自分を愛しましょう。

投稿日:2017年7月8日 更新日:

Pocket

 

皆さん。自分に厳しすぎるんじゃないですか?

 

「成長しよう」
「立派になろう」
「いい業績を残そう」
「いい大学に入ろう」
「いい会社に転職しよう」
「すぐに結果を残そう」

すべて、素晴らしいことだと思います。
向上しようという精神は、もともと
人間の本能です。

しかし最近思うんですけど
向上心のあまり、自分に厳しすぎる人
が増えているように思えてなりません。
無理して残業し、体を壊してしまう人・・
精神までやられてしまう人
そういう人が増えているように思えてなりません。
私は、少しこの傾向に危惧しています。

 

本来、人生は楽しむためのものなんです。

 

これを忘れてしまっている人が多すぎます。
楽しくなかったら、仕事でもいい結果は生まれません。
確かにすべてを楽しくやろうなんて理想論かもしれません。
しかし真実は、楽しい方に味方するようです。
楽しいと時間も忘れてしまうし
おのずと結果もついてきます。
別に、大酒を飲めとかギャンブルをしよう
と言ってるわけではありません。
日常生活の中で、仕事の中で楽しみを発見するんです。

 

いい男は、決して自分を責めません。

 

人間の本能として成長したい、向上したい
というのは、ごく当たり前です。
ところが、私たちの世代というのは
子供のころから、「苦労は買ってでもやれ」
と教えられたものです。
これは逆にあだになります。
何かをやり遂げるときに
砂をかむような努力をして、うまくいくならいいのですが
実際は、うまくいかないことの方が多いのです。
ましてや自分を責めるのは、もってのほかです。
自分を責めて、自分は今のままではだめだ!!
もっと自分に鞭をたたいて、前進しよう。
これでは実はうまくいかないものです。

 

まず自分を愛することです。

 

自分を責めるのではなく
自分を愛しましょう。
そのほうが、物事がすべてうまくいきます。
これは自信を持って言えます。
私は、自分を責め続ける人生を送ってきました。
そしてすべてをダメにしてきました。
会社も退職に追われ、借金もしました。
毎日酒を飲み、ギャンブルばかりしていました。
自分を愛するなんて夢にも思いませんでした。

自分のダメな面すべてを許し愛しましょう。
そのほうが、成功への近道です。
私は、これに気づくのが遅すぎました。
皆さんには、私のようにはなってほしくないのです

自分を積極的に許そう。

これから一切やめてください!!
自分を責めるのは。
何の成果も得られませんし、
すべての病気のもとになります。
何度も言います!!
自分を責めてもいいことは一つもありません!!
もちろん自分を責めるのが止まらないこともあります。
そういう時は、
自分を責めてしまうそのことこそ、積極的に
許すのです。
すべてを許しましょう!!!

自分の失敗、過ち、過去、それらをすべて許しましょう!!

 

 

 

ぴっぴ

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

40代の中年男性が女性にモテる方法とは?3つの要素が重要?

  男はいくつになっても女にもてたいというのが 本音です。私は一穴主義という人も中にはいますが 本能的に男は、一夫多妻制の部分が残ってるんです。 動物のほとんどは一夫多妻制で、これは女にとっ …

中年男性自分を変える方法 人と同じことをするから不幸になるのかも?

  世界中でどこ探してもこんな国はありません。 同じような服装をし、同じような仕事をし 同じような生活をし、同じような人生を送る。   一つの価値観に縛られ、それをやらなかったら …

自分を変える方法 認知療法の活用方法 思考の歪みを正せば楽になります

  前回こういった提案をさせていただきました。     間違った「思い込み」をすべて いいものに変えてしまうと・・     その一番目にそもそもの問い …

中高年男性へ。自分らしさを演出する時代に変わりつつある。

  かつては自己実現の時代だった。 60年代~80年代 この時代に若いころ生きた世代 この人たちの特徴として 「自分はこう生きたい」 「自分はこうなりたい」 これが人生のテーマであった。 人 …

スピリチュアル系の人たちが言っていることは、真実なのか? 再検証してみた。

  世の中には不思議な話、現在の科学では説明のつかないような実話が存在します。 確かに超能力者という人たちは、存在します。 私の実体験からお話ししますが、ある人が私の目の前で100円玉を一瞬のうちに半 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。