自己啓発

中高年男性の引きこもりに対するひどい差別と偏見 その打開策とは

投稿日:

Pocket

 

引きこもり、かなり以前から定着している
 言葉だ。かつては引きこもりのほとんどが
 若者であった。なかなか人とのコミュニケーション
 が取れない。これが引きこもりの根本問題である。

しかし現在では40代50代の引きこもりが
深刻化している。ある調査では40代の
引きこもりは16万人とも言われている。

これはあくまで可視化されたものに過ぎず
地方によっても格差が激しいため
はっきりとした数字は、わからない
というのが現状である。

40代以上でのひきこもりは
それ以前まで20代からずっとひきこもり
といったケースは、少なく

むしろ何かの事情で会社やめざる負えなくなったり
解雇されるケースも多いという。

 

40代50代で親と同居、親のほとんどは
すでに退職しており年金生活で
生計を立てている。
したがってそのほとんどが貧困である。

もちろんこの引きこもった人たちも
引きこもりのままでいいとは、思っていない。
常に「あ~自分ってなんてダメなんだろう」

「なんとかしなきゃ」と思い
ハローワークなどに一度は駆け込む。
しかし社会の反応は冷たい。

もう何年も仕事から離れていたため
履歴書に空白期間が多いのである。

実務経験が薄いため、まず面接に
こぎつけたとしても相手にしてもらえない。

そこで、「やっぱり自分はダメ人間なんだ」
と絶望しあきらめてしまう。

親からも兄弟からも叱責される。
毎日喧嘩が絶えない。

日本という国は「根性論」が大好きなので
無理やり外へ出させようとする。
これでは全く逆効果である。

ますます引きこもり、ついには
コンビニに買い物にも行けなくなる。
店員にどう思われてるかが、怖いのだ。

あまりにもひきこもりが長くなると
経済的にひっ迫し、自殺や一家心中
の原因になりかねない。

 

打開策は同じような年齢で引きこもりの人たちが集まる、サークルや就労支援等のドアをたたくことである。

 

同じ悩みを抱えている人は、無数にいるのである。
その人たちと積極的にコミュニケーションをはかってみよう。
悩みは同じだと、自分でも考えられないほど
話が弾む。救われる思いがするだろう。

 

また家族たちも「ダメ人間」とみるのではなく
一人の対等な人間としてみることである。
これがとても重要だ!!

 

私は、このブログで何度も言ってきた。
人間関係は、どのような場合でも
対等でなければならない。

 

今の日本人にはこの感覚が全く欠けており
いったん社会から脱落すると「ダメ人間」
のレッテルを張る。

これは日本人の集団病理に他ならない。
人間関係はあくまで対等、これを全く理解できない
理解する能力もない不健康な人の集まりともいえる。

 

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中高年男性、生きるのがつまらない?つまらない人生を楽しく生きる方法。

  男性の生き方。 今までの一般的に言われてきた一本のレール。   「卒業」→「就職」→「結婚」→「ローンや子供の教育資金に追われる」 →「定年退職」→「年金だけじゃ生活できず、バ …

悩まない方法を考え、悩まない練習をしよう

人は困難にあったとき、どうしても悩む傾向にあります。   それはそうですよね。昔お釈迦様が、悩みを消すために滝に打たれたり、とても厳しい修行をしたと言われています。その時お釈迦様はこういいま …

中高年男性へ。自分らしさを演出する時代に変わりつつある。

  かつては自己実現の時代だった。 60年代~80年代 この時代に若いころ生きた世代 この人たちの特徴として 「自分はこう生きたい」 「自分はこうなりたい」 これが人生のテーマであった。 人 …

中年男性自分を変える方法 女性が求める本当の男らしさとは何か。

      私の世代の男らしさっていうと 専業主婦が多かった時代ですから 遅い時間に仕事から帰ってきて 奥さんに「ふろ!!」「めし!!」「酒」 って威張ってましたね。まさ …

自分を変える方法 あなたが着ている「性格」という洋服 そろそろ変えてみませんか?

  前回の記事で 人間をやっている以上 悩みが消滅することはない と書きました。 ただし悩みを少なくすることは、 確実にできます。   今回は、どうしても避けることができない悩み …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。