自己啓発

中高年男性、生きるのがつまらない?つまらない人生を楽しく生きる方法。

投稿日:

Pocket

 

男性の生き方。
今までの一般的に言われてきた一本のレール。

 

「卒業」→「就職」→「結婚」→「ローンや子供の教育資金に追われる」
→「定年退職」→「年金だけじゃ生活できず、バイトをする。」

 

そして中高年男性の悩みの一番の原因

「この人生、なんだったんだ!!」
「振り返ってみて、つまらない人生だった」
「いわゆる普通の人生だった」

こう思ってる中高年男性が全体の
なんと70%近いという統計も
あるぐらいだ。

 

 

何のための人生だったんだ!!

 

それでも明日も朝早くから
満員電車に揺られて

くだらない上司の愚痴を聞き
お金のため、家族のためと
頑張らなければならない。

マイホームと車のローンも
まだまだたくさんある。
自分の時間など持てない。

 

 

私はこうなるのがわかっていたので
卒業してもあえてすぐには、就職しなかった。

もちろん周りの目は冷たかった。

ピーターパンシンドロームだとか
モラトリアムだとか言われた。

ニート、昔はなかった言葉だったが
まさにニートも経験した。

卒業してまずやったことは
いわゆるリゾートバイトであった。

自分自身を考える時間が欲しかったのだ。
まだ何も自分というものがわかってなかった。

それで正社員になっても仕事は
おそらくできないだろうと確信していた。

本当の人間としての
本当の自分の生き方とは
なんであろうか?
それを探すために
真剣に追い求めるために、
もっと時間が欲しかった。

 

その後その流れで観光業に就職した。

一般的に言えば
それは、学生時代の時に考えておくべき
事なのであろう。

しかし学生時代
遊びに夢中で
そういうことを考えることから逃げていた。

もちろんこれは、いいことではないかもしれない。
しっかりと自分を発見し
何ができるのか
どんな社会貢献ができるのか
考えるのが、一般的である。
それが私にはできなかった。

と同時に一本のレールの上のみを歩く人生に
そういう周りの人たちに
疑問を感じていた。

 

 

つまり私は一般的生き方が「できなかった」
のと、一般的生き方に「疑問を感じた」
との両方が存在していた。

今でも私の友達は、生活に追われてる人が
ほとんどである。

お金に困ってる人もいれば
自分の時間がほとんどない
という人とのどちらかである。
彼ら癒す唯一のものは、お酒やギャンブルである。

 

 

だからこそ私は前回の記事で書いたようなことを
もう一度明確に示したい。

自分の人生を生きなくてはならない。

そのためには、自分の好きなことで
独立や起業も考えに入れておいた方がいいと。

決して今からでも遅くはない。

人生の生き方は必ずしも
一本のレールではない。

むしろそのまま歩き続けると
かえって危険である。

私は一般道を通らなくて
正解だったと思っている。

一度きりの人生
人に何と言われようと
自分の道を歩くべきではないだろうか?

 

 

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

斉藤一人さんの名言 「天国言葉使うんだよ」 その効果を徹底検証

  最初に言葉があった  イエス・キリスト   この名言をこのサイトでは何回も使っています。   たとえば、朝起きたとき「今日は調子が悪い」と 思い続け、言い続けたら本当 …

自分を変える 実践的な方法 その2 考え方を変えていやな記憶を消す。その仕組みを徹底追及。

  古いいやな記憶 思い出したくない過去 誰でもあります たくさんあります。   あなただけではありません!!   自分だけが不幸にあった これは勘違いです。 誰にでも困 …

自殺を防ぐ決定的な打開策 それは同じ体験をした人と分かち合うこと

  この国の自殺率   諸外国と比較してこの国の自殺率は、 6番目と非常に高く、年間3万人は切ったものの 相変わらず非常に高いとしか言いようがありません。 特に若者の自殺数は深刻で …

自分を変える方法  偉人の名言集を読む。 イエスキリストと高杉晋作の名言の意味とは

  自分を変える方法についての本は、 数限りなくあります。   今日は、偉人の名言集を読むことから 自分を変えていくことを考えてみたいと思います。   一つ一つの偉人の名 …

嫌いな人とは、無理して付き合わなくてもよい。自分の感情に素直になろう。

これは、中高年サラリーマン以外でもたとえば、学校などでも よく言われることかもしれません。 嫌いな同僚、上司などがいたとします。どうしても肌が合わないタイプいますよね。   何度か、話し合っ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。