自己啓発

素晴らしい中年男性の復活。実はあなたは、騙されていた。

投稿日:

Pocket

 

中高年男性に新しい生き方を提案するブログ

中高年男性のお悩みは、全く新しい解決法で

 

この二つのコンセプトで
これからブログを書いていきます。

 

以前にも同じようなことを書きましたが、

「私は何をやってもうまくいかない」
「みんな私を評価しない」
「これはきっと努力が足りないからだ」

じゃあ死ぬ程努力して、昇進して
高い地位を得て、給料も2倍もらって

そしたら幸せになれる!!

 

確かに、そのとおりかもしれません。
現実にそういう方もたくさんおられるかもしれません。

 

 

しかし、そうなると ここにいる今の自分
これを否定することになりませんか??
どうでしょう?そこまであなたは、ダメなのでしょうか?

 

 

私には、人それぞれ原石(コア)があると思います。
それに気づかないだけだと思います。

もちろんそれに気づかないのは、あなたのせいではありません。はっきり言いましょう!!それは日本の教育が原因となっています。

それはあなた自身を目覚めさせないための仕組みなのです。
あなたが自分のゆるぎないパワーに目覚めたら

都合が悪い人がいると私は勝手に思っています。
直観ですが。

日本の教育や社会は、あなたを否定するように
あなたに教えます。「あなたはもっと努力しないとダメだ」と

そうやってあなたは自分の原石(コア)の部分をすっかり忘れてしまいます。
そして自分は、ダメだからもっと努力しよう。

こう思ってしまうんです。あなたにあなた自身の本当の力
に目覚めさせる時間や余裕を与えません。

そしてあなたは、あなた自身には全く気付かず
一生を終えてしまうのです。

子供のころから、勉強しなさい、とにかく頑張りなさい
そうやってあなたをつぶしにかかります。

 

 

私の言ってることは誇大妄想でしょうか?

私にはそうは思いません。
もしこの国がもっと個人を尊重する社会なら

それぞれ個人が、好きな勉強の分野を
選択させる権利を持たせると思います。

たとえば、高校の授業で微分積分なんて専門的な
ことを全員に教えるのは日本だけです。

微積は、外国では一般に理系の大学で教えるものです。

 

 

つまりこの国は、何を勉強させたら本当に
子供のためになるのか?など全く考えていません。

これでは、自分が本当にやりたいことしたいことが
さっぱりわからないまま、大人になってしまいます。

これでは、自主性(内発性)を発揮する機会は
すごく狭まってきます。

個人の能力が発揮できない、発揮してもそれを認めない
そんな国に果たして本当の意味での発展があるでしょうか?

 

中高年男性のみなさん、みなさんはもしかしたらはめられていたのかもしれません。

実は、あなたはそのままで素晴らしい存在なのです。

 

自分だけのもの、自分にしかできないことを
知的探究心を持って、探してみるべきだと
私は考えます。

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中年男性自分を変える方法 部下を叱らずに上手に育てる方法

  かつては、愛のむちが当たり前でした。   愛のむちと言っても 名ばかりのようだった気がします。 上司は部下にまるで身もふたもないような 叱り方をしていたものです。 もちろん部下 …

日本人空気読むばかり 自主性はどこへ KYのすすめ

  私はよく人から空気読めない人かもと 思われてしまいがちです。 このブログもなんか一風変わってるでしょう。   実は私空気が読めないんじゃなくて 空気自体が嫌いなんです。 皆同じ …

優しすぎて結婚できなかった、中年男性。決断力を強化しよう。

    男は、タフじゃないと生きていけない 優しくなければ生きていく資格がない これは、ずいぶん昔のCMのキャッチコピーでした。 確かに男は力強く、女を守ってあげなくてはなりません …

ギャンブル依存症になる中高年男性。実は自分を責めすぎている。

これは、いまさら言うまでもないことですが かつて日本は、パチンコに年間30兆円 使ってました。今でこそ20兆円を切りましたが それでも国家予算の5分の1は使ってることになります。 もちろん全くのゼロ産 …

自分を変える実践的な方法 え?私には出来ない?それは間違えです!!

  自分を変える障害となっているもの 1 過去のいやな記憶 2 思い込み、自分への決めつけ この二つです。   これが障害になって いろいろ試したけれども なかなか変えられないんで …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。