自己啓発

40代からの人生設計 過去に縛られない方法とは。

投稿日:2017年7月17日 更新日:

Pocket

 

ブログタイトルを変えました。
中高年男性だからこそ、
新しい生き方を創造しようと思いました。
ご一緒にに考えていただけたらなあと思います。

 

 

もちろんお悩み解決ブログでもあります。
ただ従来の悩み解決法で、解決できれば
いいのですが、なかなかそうもいかなく
なりました。新しい考え方、価値観
そういったものが時代とともに
要求されているような気がして仕方がなかった
のです。

 

 

それはアドラー心理学との出会いがきっかけでした。

 

 

それは、岸見一郎さん著の「嫌われる勇気」
という本でした。皆さんもうご存知だと思います。

 

 

その中で名言と言われるものに出会いました。

 

 

「人生が困難なのではない、あなたが困難にしているのだ」

 

 

私は、わざわざ人生を困難にしてきました。
私は、複雑な家庭環境に育ち
それがもとでトラウマができ、そのせいで
物事がうまくいかないと思っていました。
精神病まで患いました。
だからうまくいきっこない!もうすうべてを
あきらめよう、そこまで考えたのです。
ところがそうではなかったのです。

 

 

私が自分で自分を不幸にしていたのです。

 

 

誰のせいでもなかったのです。
私が、不幸になってやる!!
人生を呪ってやる!!
どうせ大したことはできないだろう!!

そう決めたのは、ほかでもない自分自身
だったのです。

過去の出来事をトラウマと決めつけ
私は心に傷があるのだから、この人生は
おそらく駄目だろう。

そう決めたのは、自分自身だったのです。

 

 

過去に支配されない生き方

 

 

この本を読んで私の価値観が一変しました。
人間は、自由意志を持っています。
今、ここでこの瞬間、幸せになれるのです。
つまり今を縛るトラウマなど存在しなかったのです。
私は、トラウマを理由に人生でやるべき課題
「交流」「仕事」そして「愛」
から逃げてきたのです。
何もできないという嘘をついて、
人生の課題を避けてきたのです。
これでは幸せになれるはずがありません。

 

 

なぜこの瞬間から幸せになれるのか

 

 

この瞬間からっていうのは
さすがにイメージできない。
そのお気持ちはよくわかります。

人間には感情がありますから
いやなことをどうしても思い出してしまう。

しかし、アドラーの考え方の根本に
あるのは、今自分が不幸を選択している
ということです。

つまり「私は悲観的な性格だ」と言って
「自分は変わらないという決心をしているのです。」
ではその決心一生変わらないものでしょうか?

私はは違うと確信しています。

思い込みや囚われは、自分が持っているものなのです。
自分が手放す決意さえできれば、いつでも
この瞬間にでも手放すことは
可能なはずです。

 

 

思い込みを手放しましょう

 

 

私は暗い性格だ。
女性にモテない
私はダメな人間だ
私にはできない
やりたいことがない

これらはほんの一例ですが
すべて自分が勝手に決めた
思い込みです。

思い込みは真実ではありません!!
そういった客観的事実も存在しません。

 

事実でないとしたら,必ずてばなせます。

 

 

 

 

ぴっぴ

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ギャンブル依存症になる中高年男性。実は自分を責めすぎている。

これは、いまさら言うまでもないことですが かつて日本は、パチンコに年間30兆円 使ってました。今でこそ20兆円を切りましたが それでも国家予算の5分の1は使ってることになります。 もちろん全くのゼロ産 …

40代独身男性 モテない理由に 自分に性癖がないかチェックしよう

  性癖とは、行動上の癖のことです。 たとえば、やたら物を集める 収集癖  物事を完ぺきに済ませないと気が済まない 完全癖 自分を大きく見せたいためについ嘘を ついてしまう 虚言癖 自分の裸 …

本当に幸せになりたいなら いったん 自己啓発や成功哲学から離れた方がいい。

  自己啓発で一番有名な本、または有名な言葉は、ズバリこれではないでしょうか?   「思考は現実化する」    これはかの有名なナポレオン・ヒルの言葉です。しかしこの本を …

「嫌われる勇気」と「自分を不幸にしない13の習慣」の内容は?評判や感想は?

  自分を変えたい!!   そういった声が、今たくさん聞こえてきます。 それは本屋さんに言ったら一目瞭然です。   自分を変えるのは、自分自身です。   社会や …

自分を責めるのはやめよう。まず自分を愛しましょう。

  皆さん。自分に厳しすぎるんじゃないですか?   「成長しよう」 「立派になろう」 「いい業績を残そう」 「いい大学に入ろう」 「いい会社に転職しよう」 「すぐに結果を残そう」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。