自己啓発

中年男性自分を変える方法 女性が求める本当の男らしさとは何か。

投稿日:2017年7月8日 更新日:

Pocket

 

 

 

私の世代の男らしさっていうと

専業主婦が多かった時代ですから

遅い時間に仕事から帰ってきて

奥さんに「ふろ!!」「めし!!」「酒」

って威張ってましたね。まさに男尊女卑です。

でも男は「家族に食わせるなら、どんな苦労でもする」

という覚悟がありました。言葉は荒かったですけど

愛情表現だったんです。優しさだったんです。

 

 

さすがに今は変わりましたね。専業主婦は少なくなり

お父さんも、子育て、家事をする時代です。

以前のような男らしさは、いらなくなりました。

 

 

しかし、子育てするのが今の男らしさなら

なぜ、幼稚園にお父さんが送り迎えするのを

女性は「男らしい」「かっこいい」と言わないのでしょう?

むしろ「大変ですね」って言われちゃいますね。

これは矛盾してますよね。男らしさが変わったならば

子供を送り迎えするのを「かっこいい」って言わないとおかしい。

でも言えませんよね。本能的に。

 

 

時代が変わっても「いわゆる男らしさ」の価値観は変わってないのです。

 

 

やはり男が女を守ってあげなければならない。

家に強盗が入ってきたとき、戦うのはおとこでしょ。

表面的に男の役割が変わっても「男らしさのイメージ」

は変わってないのです。

力強さ、これが男の特性です。

 

 

また男は、物事を論理的に考えるという特性も持っています。

一方女性は、感受性の豊かさという特性を持っています。

もちろん個人差はありますが。

 

 

男女がお互いに尊重しあう。

 

 

そんな気持ちが、何か時代とともに失われているような気がしてならないのです。

草食男子、肉食女子この言葉、私には不自然に思えてなりません。

男と女が逆転したような、エキセントリックで複雑になってしまうばっかりです。

 

 

さあそこでおやじたちの登場です。

本当の男らしさを若い者に教えてあげましょう。

 

 

本当に男と女が、お互いに尊重しあい、助け合って生きていくことがいかに大事何かを。

 

 

そして人間同士がお互いに尊敬しあい

人間関係がより豊かになる社会を作るのを

提案しようあありませんか。

 

 

これからの時代は、おじさんたちが

社会を変える時代になっていきます。

おじさんたちがかつての

自然な共同体があった時代を復活させるべく

世に中に警告を発するのです。

 

 

やはりパワーは、男の特性です。

やはり感性は、女の特性です。

それが本来の人間の姿です。

中高年世代は、そのことを

よく知っています。

 

 

だから社会を変えるのは、若者ばかりでなくおじさんたちなのす。

 

その肝心のおじさんたちが

今の風潮にあわせる必要は

全くありません。

どうも今の若者たちの考え

一部ではありますが

歪んでいるように思えるのは僕だけでしょうか。

 

 

 

ぴっぴ

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を変える実践的な方法 自分を縛っている本当の犯人とは?

  自分を変えるには、思い込みや 歪んだ信念を正していく必要が あります。   それには、普段隠れていると思われる 思考をあえて表に出さなければなりません。   ここで今 …

中高年男性自分を変える方法 無理をして出世街道? 本当にそれで幸せですか?

  私はずいぶん以前から 無理をするのが苦手でした。 それは、別に私が何か悟ったえらい 人間だとか、そんなことは全然ありません。 ただできなかっただけなのです。 ですから若い時から「もっと気 …

自分を責めるのはやめよう。まず自分を愛しましょう。

  皆さん。自分に厳しすぎるんじゃないですか?   「成長しよう」 「立派になろう」 「いい業績を残そう」 「いい大学に入ろう」 「いい会社に転職しよう」 「すぐに結果を残そう」 …

素晴らしい中年男性の復活。実はあなたは、騙されていた。

  中高年男性に新しい生き方を提案するブログ 中高年男性のお悩みは、全く新しい解決法で   この二つのコンセプトで これからブログを書いていきます。   以前にも同じよう …

40代独身男性彼女なし モテるためには まずは外見から そして表情を変えましょう

  40代独身男性の皆様、こんにちは。 私は、50代独身男性でしかも!! 結婚歴ありません(笑) どうでしょう? わたしよりはましだと、 安心しましたか? 安心してください!! しかしあなた …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。