自己啓発

中年男性 自分を変える方法 「お金がない」って言葉すぐにやめましょう

投稿日:2017年9月1日 更新日:

Pocket

 

中年男性に限らず
若い人でもそうですが
人間をやっている以上

すべての悩みから「解放される」
ということは、できないかもしれません。

 

 

これはブッダの言った名言です。

 

私は、悩みを消すために大変な修行をした。
しかし悩みを完全に消すことはできなかった。
修行は無駄だと分かった。

 

自分を変えていく過程で、悩みというものは
少なくはなりますが、完全に消えてなくなる
ことはないでしょう。

 

しかし一日中悩みにとらわれ、何もできない
となると対処法を考えなくてはなりません。

一つ一つ解決していきましょう。
焦ってはいけません。

 

 

ここで現在日本人の代表的な悩みの一つを
取り上げてみました。

それは金銭的な悩みです。

 

 お金がない

 

かつて人間が、食料がない状態を危機意識でとらえたとき
と同様、お金がないというのは現在の人間も危機意識を感じます。

長くつつく現在日本の不況・・・・
悩みと不安で頭がおかしくなりそうな時もあります。

30代~50代になると、なぜ自分の家が持てないんだろう。
疑問に思うこともしばしばです。

現実的対処法は、ギャンブルなどの浪費をしないことや
倹約も大事になってくるでしょう。

しかしここから話すことは、一風変わってるかもしれません。
もちろん信じられない人の方が多いのも分かります。

 

 

お金があると思い込むのです。

 

 

これはまんざら非科学的な考えでもないんです。
誰でも無限のパワーがあります。

いつでもそれは、お金に還元できるものです。

潜在意識の能力開発により、だれでもお金持ち
になれることが、100年前からの研究で
明らかになっています。

自分の持ってる無限のパワーを引き出す方法があるんです。

 

 

お金がないと決して言ってはいけません。

 

 

あ~今月の家賃が払えるかどうか不安だ。

クレジットカードやサラ金の返済がまじかだ。

あ、ガス代や電気代の支払いもあった。

結局自分は、お金のない人生なんだ。

 

 

これらの言葉を決して言わないことです。

これらの言葉をあまりにも使いすぎると

お金のない現実を引き寄せてしまうんです。

そして結果的に浪費は大きくなってしまいます。

 

 

私にはお金がある!!有り余るほどだ!!

 

と堂々と宣言しましょう。

 

 

これだけでもかなり変わってきます。

そして、いずれお金を得る方法を
自分の無限のパワーを引き出すことによって
得られることができるはずです。

 

いずれ行動に移さなくてはいられなくなるはずです。

 

転職したり、資格を取ったり 起業したり

「お金がない」を「お金は有り余るほどある」

に切り替えただけで、たくさんの情報が
自動的に入ってきます。

 

 

 

誰でも無限のパワーを持っています。

 

それは、お金に還元されるのを
心待ちにしています。

 

 

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を変える方法 第一印象は笑顔で驚くほど変る その理由とは

  自分を変えるのに一番手っ取り早いのは ズバリ外見です。   人間はその人を判断するときに、外見をまず意識します。   それは、着てるものや髪形だけではなく、 あなたが …

自分を変える方法  どうしても許せない相手がいるとき 認識と考え方を変える方法とは

  自分を変えるには、こういった前提が 必要ではないでしょうか?     対人関係などのトラブルで起こったことの すべての責任は、自分にもあると。   &nbs …

キモい中年男性のトリセツ 若い女性社員 主婦へ贈る言葉

  なぜキモいのか?全部お答えします。 それは、私自身がキモい中年オヤジだからこそ明確に 答えられるんです!! 実体験をもとにしているので、 読んでる皆さんもすぐピンとくるはずです。 &nb …

苫米地英人さんの名言 「時間は未来から過去へと流れている」これを徹底検証する

  まずこの名言信じられるでしょうか?     というのは、私たち日本人がここ100年ぐらい   西洋哲学やキリスト教の影響を強く受けすぎて来たために、 発想を …

新しい幸せのレシピ。苦労と努力を手放して もっと気軽に生きる方法とは

          幸せってなんでしょう? 人間の古代からのテーマで その源は、ソクラテスやプラトン などのギリシャ哲学にあるのかもしれません。 また …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。