自己啓発

うつ病の原因がネガティブ思考?どうやってポジティブ思考に変えるの?

投稿日:

Pocket

 

よくネガティブ思考はいけないよ。
ポジティブで行こう!!
と言われます。

その通り!!と言いたいところなんですが。
では今この瞬間からポジティブ思考になれるでしょうか?
答えはもうお分かりですよね。

なれません!!やはり一瞬では無理ですね。
なぜなのでしょう?

 

 

実は脳の仕組みに原因があるのです。

 

人間は古来から生きるために、危険を
早めに察知しなければなりませんでした。

人間を襲ってくる無数の動物、
気候変動や地震など
かつて人間はこれらに対して無力でした。

したがって危険なこと、よくないこと
悪いこと、これらを正確に記憶して

そのたんびに対処していくしか
生きる方法がなかったんです。

 

そこで脳の中の扁桃体と呼ばれる部分が
活発にならざる負えなかったのです。

扁桃体は、ネガティブ思考を増幅させます。
その結果危険を察知し対処してきました。

 

しかし現代の生活には、少なくても
戦争や飢餓のないような国では、

よっぽどのことがない限り
悪いことばかり考えて、予期不安で
一日中過ごすという必要はないのです。

それなのに、この古来からの人間の
防衛本能により、扁桃体は今でも活発に
活動を続けているのです。
すなわち脳って意外と古い部分が残っているのです。

 

 

たとえば人間関係にちょっとしたトラブルがあっても
命の危険にさらされることはまずありません。

 

私の部屋に私を憎んでる人が突然入ってきて
私を殺す、という可能性は大変低いのです。

 

 

それでもネガティブ思考は起こります。
どう対処していったらいいのでしょうか?

 

人間の脳は大変進化してる部分も多いのです。
その一つが前頭葉と呼ばれる部分です。

神の脳ととも呼ばれています。
ここを活用するのです。
ここを最大限に活用すれば、扁桃体の活動を
弱めることが充分できます。

 

 

前頭葉を活性化させるためにいいといわれている
一般的な行動とは、掃除などの雑用です。

そんなのめんどくさい!!という方は要注意かもしれません。
逆に前頭葉の活性が弱まると人は、めんどくさいを連発するようになります。

特に一人暮らしの中高年男性の皆さんによく聞く言葉は
食べた後、皿を洗うのもめんどくさいと言います。
自分で料理するなんてもってのほか、弁当ですませちゃえ
になる傾向にあります。

 

実はこの「めんどくさい」というのが
前頭葉には大敵なのです。

 

 

前頭葉が脳のご主人様ですから、これが
めんどくさいの一言で活性化しなかったら、
体までだるくなってしまいます。

 

 

人間は大脳支配動物です。

 

その脳の司令塔である前頭葉が活発にならないと
うつ病などの病気の原因になりかねません。

 

では一般的に言われているような、脳の活性化の仕方以外に
どんなトレーニング方法があるのでしょうか?

 

それは、肯定的な言葉を丁寧に声に出していうことです。
簡単ですし、一銭もかかりません。

 

たとえば朝起きたとき、あ~~今日はだるいな、とか
会社行きたくないとか思うでしょう。

(その瞬間に!!)

 

俺は元気だ!!

俺は素晴らしい!!

俺には何でもできる!!

今日はなんていい日なんだ!!

俺は幸せだ!!

俺は金持ちだ!!

 

と現状と全く逆のことを
何回も何回も言うのです。
少し大きめの声で。

騙されたと思ってやってみてください。

 

真剣に毎日やっていると

脳はそっちの方を優先的に選択し

ネガティブ思考が少なくなります。

 

 

これをアファーメーション(肯定的宣言)と言います。

 

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を変える実践的な方法 「病は気から」が科学的に証明されたという事実

  私がこのブログでよく使ってる 言葉に「人間は大脳支配動物である」 というのがあります。 つまりいいことも悪いことも 大脳から起こります。 それは、思考や感情やイメージ だけではなく、身体 …

自分を変える実践的な方法 自分を縛っている本当の犯人とは?

  自分を変えるには、思い込みや 歪んだ信念を正していく必要が あります。   それには、普段隠れていると思われる 思考をあえて表に出さなければなりません。   ここで今 …

中高年男性へ。自分らしさを演出する時代に変わりつつある。

  かつては自己実現の時代だった。 60年代~80年代 この時代に若いころ生きた世代 この人たちの特徴として 「自分はこう生きたい」 「自分はこうなりたい」 これが人生のテーマであった。 人 …

中年男性自分を変える方法 非正規から正社員へ 社畜の時代はもう終わった

やるべきことが多すぎて戸惑う 中高年男性   今や共働きが当たり前のようになり、 会社が社員の生活上の事情を考慮し 一生面倒を見る時代も終わっています。 しかも中高年男性はやることがいっぱい …

前世のカルマなど存在しない?過去からの影響を受けず未来を変える

  今は21世紀です。 当たり前です(笑) それは、人々が自由意志を大いに発揮し 人生を限りなく謳歌する 素晴らしい時代のはずです!!     ところがこの光り輝く素晴ら …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。