自己啓発

自分を変える方法 他人を変えるより自分を変える方が早い

投稿日:2017年8月26日 更新日:

Pocket

 

自分を変えたい。
そう思ってる方の中には

職場での人間関係に悩んでいる方も
多いと思います。

 

 

職場という場所は、とても長い時間
そんなに親しくない人と過ごさなくては
ならない状況にある場合が、ほとんどです。

 

長い時間一緒に過ごすわけですから
どうしても他人の欠点やいやなところが、
目に入るものです。

 

 

そしてとうとう苦手な人が出てくる
ことになります。

 

 

まず苦手な人がいて当たり前だと思うことも
大切ではないでしょうか?

 

というのは、あなたも人間ですし
相手も人間だからです。
合わない人がいて当然ではないでしょうか?

 

 

苦手ならまだまだいいと思いますが、
これが嫌いとなったらちょっと考えてしまいますよね。

 

 

嫌いな人にどう対処するか、これは意見のわかれる
ところです。

 

嫌いな人であっても、どうしても付き合わなくては
ならない状況が、仕事上いくらでもありうるのです。

 

 

それは避けられません。移動の多い職場では、
移動を待てば、いいだけの話ですが、

多くの企業の場合どうしても何年も
同じ人とともに過ごさなくてはなりません。

 

 

その嫌いな人は、決して変わってはくれません。
他人を変えるのが、本当は一番難しいことなのです。

 

あの人最低!!うざい!!と思っても
その人は変ってくれません。

その人に決定的な欠点があっても、
自分自身では、気づかないものです。

 

 

この際、自分が変わった方が早いと
感じてる方が多いと思いますし、
そのほうが、賢明な判断と言えるでしょう。

 

 

では、どうやって自分を変えていくのでしょうか?
糸口がわからなくて悩んでおられる方も多いはずです。

 

 

それは、職場上での「言葉」を変えていくことが
近道なのではないでしょうか?

 

 

「言葉」をすべて肯定的なものに
変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

「最近頑張ってるね」「あなた凄い」
「いい感じじゃん」「あの人結構いい人だよ」
「素晴らしい」「ついてる」「ラッキー!!」

 

 

そうすると自分自身が、とても肯定的、いい感じ
になってくるはずです。

 

 

逆に「あ人うざい」「嫌い」「ダメだやっぱり」
を連発してみてください。

どんどん自分自身までおとしめてる、ことが
わかると思います。

そしてどんどん職場が嫌いになり、
ついには、転職まで考えなくてはならなくなります。

こういった転職を「消極的な転職」といい
次の職場でも「嫌い」「うざい」人がたくさん出てきます。

 

 

結局は自分で自分の首を絞めることになります。

 

 

自分自身が「嫌いな人」を量産するようになったら
どこの職場でも厳しい状況になりかねません。

 

 

「嫌いな人」それはあなた自身が「作っている」のかもしれまん。

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を変える方法  自分を越えよう 自分の中の制限を外す方法

      自分を変えるには、自分の制限を外すということを 行うことが必須になります。   自分に限界を設けているのは自分自身です。   人間はその潜 …

自分を変える実践的な方法 運勢をよくする魔法のような法則

  いつでもどこでもよく聞く言葉 「最近俺ついてなんだよね」 「運が悪いことばっかりだよ」 「たまにはいいことないかな」 「何かに取りつかれてるのかな  悪いことばかり起きるんだよ」 「お祓 …

自分を変える実践的な方法  部屋を片づける勇気 迷ったらどんどん捨てよう

  自分を変えたい。 でもなかなか変わらない。 自分を変えるなんてそもそも無理じゃないか? やっぱり私はダメなんだ。   そうお嘆きになる方、多いと思いますし 私自身、そんなに飛躍 …

苫米地英人さんの名言 「時間は未来から過去へと流れている」これを徹底検証する

  まずこの名言信じられるでしょうか?     というのは、私たち日本人がここ100年ぐらい   西洋哲学やキリスト教の影響を強く受けすぎて来たために、 発想を …

アラフォー男性が20代女性と結婚するには。アプローチは清潔感をもって。。

  40過ぎの男性が20代女性とお付き合いする あるいは結婚する。一見難しいこと または、恥ずかしいこととまで言われてしまいます。 しかしこれはこの国、日本だけの現象です。 しかも現代の日本 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。