自己啓発

自分を変える方法 他人を変えるより自分を変える方が早い

投稿日:2017年8月26日 更新日:

Pocket

 

自分を変えたい。
そう思ってる方の中には

職場での人間関係に悩んでいる方も
多いと思います。

 

 

職場という場所は、とても長い時間
そんなに親しくない人と過ごさなくては
ならない状況にある場合が、ほとんどです。

 

長い時間一緒に過ごすわけですから
どうしても他人の欠点やいやなところが、
目に入るものです。

 

 

そしてとうとう苦手な人が出てくる
ことになります。

 

 

まず苦手な人がいて当たり前だと思うことも
大切ではないでしょうか?

 

というのは、あなたも人間ですし
相手も人間だからです。
合わない人がいて当然ではないでしょうか?

 

 

苦手ならまだまだいいと思いますが、
これが嫌いとなったらちょっと考えてしまいますよね。

 

 

嫌いな人にどう対処するか、これは意見のわかれる
ところです。

 

嫌いな人であっても、どうしても付き合わなくては
ならない状況が、仕事上いくらでもありうるのです。

 

 

それは避けられません。移動の多い職場では、
移動を待てば、いいだけの話ですが、

多くの企業の場合どうしても何年も
同じ人とともに過ごさなくてはなりません。

 

 

その嫌いな人は、決して変わってはくれません。
他人を変えるのが、本当は一番難しいことなのです。

 

あの人最低!!うざい!!と思っても
その人は変ってくれません。

その人に決定的な欠点があっても、
自分自身では、気づかないものです。

 

 

この際、自分が変わった方が早いと
感じてる方が多いと思いますし、
そのほうが、賢明な判断と言えるでしょう。

 

 

では、どうやって自分を変えていくのでしょうか?
糸口がわからなくて悩んでおられる方も多いはずです。

 

 

それは、職場上での「言葉」を変えていくことが
近道なのではないでしょうか?

 

 

「言葉」をすべて肯定的なものに
変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

「最近頑張ってるね」「あなた凄い」
「いい感じじゃん」「あの人結構いい人だよ」
「素晴らしい」「ついてる」「ラッキー!!」

 

 

そうすると自分自身が、とても肯定的、いい感じ
になってくるはずです。

 

 

逆に「あ人うざい」「嫌い」「ダメだやっぱり」
を連発してみてください。

どんどん自分自身までおとしめてる、ことが
わかると思います。

そしてどんどん職場が嫌いになり、
ついには、転職まで考えなくてはならなくなります。

こういった転職を「消極的な転職」といい
次の職場でも「嫌い」「うざい」人がたくさん出てきます。

 

 

結局は自分で自分の首を絞めることになります。

 

 

自分自身が「嫌いな人」を量産するようになったら
どこの職場でも厳しい状況になりかねません。

 

 

「嫌いな人」それはあなた自身が「作っている」のかもしれまん。

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

40代独身男性。なぜ結婚できないのか? それは焦りと劣等感です。克服のカギは恥をかくこと。

  中高年独身男性のみなさん こんにちは。 独身だといろいろ肩身の狭い思いを してきたでしょう。 世間体だとか 劣等感だとか。 同僚の結婚式 に出席するたんびに 俺にこういう日はいつ来るんだ …

自分を変える方法 新しいことを始めても三日坊主 その正体を暴く

  自分を変えるにあたっては、 二つのゴミを掃除すること これを先日ご提案しました。 それは 1 記憶 過去の悲しい出来事   忘れられない出来事などを 認識や、考え方を変えるによって    …

中年男性自分を変える方法 夢を遠慮なく書きまくる!!感情をこめて

  今日朝5時に目が覚めたので 早速パソコンを起動 近い将来住みたい理想のマンション を検索してみました。 みごと理想に近い、物件を見つけ 早速メールで問い合わせをしました。   …

no image

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください ! 関連

中年男性自分を変える方法 スローライフと徹底した断捨離をお勧めします

  スローライフとは、いったいなんでしょう? 田舎で「ゆっくり暮らすこと」ですか? あるいは、スパゲティーを「ゆっくり」 食べることですか?   中高年男性、そろそろ都会の喧騒から …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。