自己啓発

自分を変える 実践的方法 人の陰口を言うとそのまま帰ってきます

投稿日:2017年8月28日 更新日:

 

自分を変えたい。
職場での人間関係を改善したい。
そう思ってる方々多いと思います。

先日の記事に職場での言葉を変えてみる。
という提案をさせていただきました。

なるべく肯定的な言葉を使う。
何気ないことでも、肯定的な言葉で
返していく。

これだけでもだいぶ変わってくるものです。

 

 

今回は、それに少し捕捉します。

 

 

陰口は絶対にやめましょう。
一言もです。

 

どういう人が陰口を言うのか、
よく観察してみてください。

自分の不足を補おうとして
自分の短所を隠そうとして

 

そう自分と本気で向き合ってない人が
陰口を言うのがわかるでしょう。

 

 

陰口を言うことで、変な優越感に浸りたいのです。

これを優越感コンプレックスと言います。
決していいことではありません。

 

もちろん賢明な読者さんだったら
そんなことはわかっているはずです。

ところが、あなたが陰口を言わなくても
人の陰口を平気で言う人は、
あなたの周りに必ずいるはずです。

 

 

決して相手にしないことです。

 

相手にしたら最後、あなた自身をおとしめることに
なりかねません。

どんどんいやな気分になっていくのがわかります。

 

まだ、陰口を言うと「すっきりする」という人がいます。

一時的には、すっきりするかもしれません。
しかし長い目で見ると、決していいものではありません。

 

陰口を仕掛けてくる人がいても、
相手にしないことです。

相手にしなければ、
自然にその人も言わなくなるはずです。

 

 

「私、陰口は言いたくないな・・・」
と相手に言ってもいいかもしれませんが、

 

その意味が正確に読み取れる相手とは
限りません。

 

ただただ自分から言わないことです。

 

もし陰口に乗ったとしたら
あなたもいずれ陰口の対象に
なりかねません。

 

 

リスクが大きすぎるのです。

 

もしあなたが、陰口を言っているとしたら、
今日、たった今からやめることです。

 

 

陰口を言う集団から距離を置きましょう。

 

これは、あなた自身ためなのです。

他人のためではないのです。

決して道徳的なことでもなんでもありません。

陰口は、必ずあなたをおとしこめます。

 

 

愚痴・泣き言・不平不満・心配事

 

これらは必ずあなたをおとしこめます。

 

言いたいお気持ちはよくわかるつもりです。

 

必ずあなたのエフェカシー(自尊心)を下げてしまいます。

こういった職場は、業績さえ下がっていくものです。

 

逆に肯定的な言葉をたくさん使いましょう。

それは、あなたのセルフイメージを

どんどん押し上げていきます。

そしてついには、周りをも巻き込み

押し上げていきます。

あなたのセルフイメージが上がるだけではなく

周りの人々のセルフイメージも上げていきます。

そしてあなたの部署は、どんどん業績を上げていくでしょう。

今度は、あなたがリーダーシップをとるようになるでしょう。

 

 

賢明なあなたなら、もうどちらを選ぶか言うまでもありません。

 

 

 

 

ぴっぴ

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を変える実践的な方法 お金は汚いもの その嘘を徹底解明

  特に日本人がそうなんです。 お金は汚いもの、清貧こそが 正しい生き方。それが神の教え。 貧しさの中でも、たくましく 生きていく。金がなくても心がある。 節約こそ素晴らしい。   …

現在の日本の不景気を究明する。  政策の失敗か?  それともマインドの問題か?

私は普段あまり政治には、関心がありません。自分を変えていき、自分が幸せになるときに政治家は、 ほぼ私とは無関係だからです。   自分が成長するにあたって貧困の問題や不景気の問題にはあまり興味 …

自分を責めるのはやめよう。まず自分を愛しましょう。

  皆さん。自分に厳しすぎるんじゃないですか?   「成長しよう」 「立派になろう」 「いい業績を残そう」 「いい大学に入ろう」 「いい会社に転職しよう」 「すぐに結果を残そう」 …

中高年男性、生きるのがつまらない?つまらない人生を楽しく生きる方法。

  男性の生き方。 今までの一般的に言われてきた一本のレール。   「卒業」→「就職」→「結婚」→「ローンや子供の教育資金に追われる」 →「定年退職」→「年金だけじゃ生活できず、バ …

中年男性自分を変える方法 部下を叱らずに上手に育てる方法

  かつては、愛のむちが当たり前でした。   愛のむちと言っても 名ばかりのようだった気がします。 上司は部下にまるで身もふたもないような 叱り方をしていたものです。 もちろん部下 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。