自己啓発

自殺を防ぐ決定的な打開策 それは同じ体験をした人と分かち合うこと

投稿日:2017年7月8日 更新日:

Pocket

 

この国の自殺率

 

諸外国と比較してこの国の自殺率は、
6番目と非常に高く、年間3万人は切ったものの
相変わらず非常に高いとしか言いようがありません。
特に若者の自殺数は深刻で、なんと自殺数が
事故数を上回るという最悪な結果が出ています。

 

いつの間にかこんな国になってしまったのか?

 

私の住んでいたかつての日本
60年代から80年代あたりまで
日本人の意識に今日よりは明日のほうがよくなるだろう
そんな気持ちが、一個人だけでなく共通してありました。
気持ちを共有できたんです。

 

これが現代との決定的違いです。

 

つまり日本人というだけで「共同体意識」が存在しました。
ようは、みんな!!希望のある!!明日に向かって!!
という気持ちがあったんです。
それがいつごろからでしょうか?

 

90年代に入って経済が後退してからでしょうか?
そんな共同体感覚が、徐々に薄れてきました
人間には共同体に属しているという感覚がないと
精神的に持たないそうです。

 

その共同体が、学校や会社といった狭い空間に
限られるようになっていった。
みんなが集まる、公園や自然な場所が少なくなってしまった。
そんな理由があったのではないかと推測します。

 

 

後を絶たない中高年の自殺

 

若者の自殺も深刻ですが
中高年代の自殺も、
相変わらず減る傾向にはありません。
中高年代の自殺は、
表面上の原因が実は昔とあまり変わってないのです。
重たる原因とは、

1家庭内不和
2病気(内的疾患や、精神疾患)
3解雇退職などの仕事の問題
4借金などの経済的問題

自殺の原因がこのように変わってないのに
なぜ中高年代の自殺が増えているのでしょうか?

 

それは悩みや苦しみを分かち合える共同体感覚の喪失が原因と考えます。

 

相談相手が少なくなってしまったのです。
要は、孤独が問題なのです。

 

孤独をできるだけ避けましょう。

 

私は、1~4まですべてを経験しています。
しかし幸いなことに、自殺は考えませんでした。
なぜでしょう?
痛みや苦痛を分かち合える仲間がいたからです。

1家庭内不和
家庭内に何も問題がなく
一生を終えること自体少ないと
実感しています。
つまりあなただけの問題ではないのです。
つまりそういった方が多いので、悩みを
共有できることが多いのです。
自分だけで抱え込む必要はありません。

2病気(内的疾患、精神疾患)
これもあなただけの問題ではありません。
一生病気しないで生きる人などいません。
同じような病に苦しんでいる人はたくさんいます。

3解雇や退職などの仕事上の問題
これも言うまでもありません。
別にあなたが、仕事ができないから
解雇されたわけではないと思います。
今の中小大企業は、常に人件費削減に向けて
真剣に取り組んでいます。

4借金などの経済的問題
もちろん苦しいのはよくわかります。
私も借金がありましたので、そのことが頭から
離れず、夜もおちおち眠れないほどでした。
しかし、仲間を増やしていくうちに
私以上に借金に苦しんでいる人は
たくさんいました。

 

あなただけが特別ではないのです!!

 

1まずは孤独を避けましょう。
配偶者以外の方とも交流を持ちましょう。

具体的に孤独を避けるための行動をとりましょう。
公民館の行事ごとなどに積極的に参加したり
町内会などにも、めんどくさがらず参加しましょう。
また、ネット上などでのこのような交流も軽視してはいけません。
コンピューターの向こう側にいるのも、やはり人間です。
時には、あなたを本気で助けたい、こういう
人物が現れます。私がそうでした。

2自分だけが特別に苦しんでいるという意識を
捨てましょう。同じ苦しみを味わってる方が
必ずあなたの近くにいるはずです。

 

 

 

もう一度言います。

 

あなただけが特別なのではありません。

 

 

 

 

ぴっぴ

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中高年男性 やる気がない 何もしたくない それは更年期障害ではありません

  やる気が出ない 何もしたくない 気力がわかない 最近疲れやすい 体がだるい もしかしてうつなのでは?   中高年を過ぎるとこういう言葉が 出やすくなります。 そしてこう結論付け …

優しすぎて結婚できなかった、中年男性。決断力を強化しよう。

    男は、タフじゃないと生きていけない 優しくなければ生きていく資格がない これは、ずいぶん昔のCMのキャッチコピーでした。 確かに男は力強く、女を守ってあげなくてはなりません …

現在の日本の不景気を究明する。  政策の失敗か?  それともマインドの問題か?

私は普段あまり政治には、関心がありません。自分を変えていき、自分が幸せになるときに政治家は、 ほぼ私とは無関係だからです。   自分が成長するにあたって貧困の問題や不景気の問題にはあまり興味 …

40代50代独身男性の新しい恋愛観 その生活を徹底分析

  今日は、自分のことから、簡単に 自己紹介させていただきます。     私は52歳独身です。結婚歴はありません。 あまり結婚願望がなかったこともあり 独身生活を楽しんで …

自分を変える実践的な方法 「病は気から」が科学的に証明されたという事実

  私がこのブログでよく使ってる 言葉に「人間は大脳支配動物である」 というのがあります。 つまりいいことも悪いことも 大脳から起こります。 それは、思考や感情やイメージ だけではなく、身体 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。