自己啓発

苫米地英人さんの名言 「時間は未来から過去へと流れている」これを徹底検証する

投稿日:

Pocket

 

まずこの名言信じられるでしょうか?

 

 

というのは、私たち日本人がここ100年ぐらい

 

西洋哲学やキリスト教の影響を強く受けすぎて来たために、

発想を逆転させるのがすごく難しいということがあります。

 

 

私たちは、過去→現在→未来という時間観念におおいに洗脳されています。

 

この発想を一瞬にして苫米地さんが言っていることだから正しい言って

 

変えるのは非常に難しいものなのです。

 

洗脳とは恐ろしいものです。

 

スポンサードリンク




我々の日本の戦後教育はほとんどキリスト教圏のアメリカの影響を
受けすぎるほど受けています。

 

一般に考えられてるような日本独自のものは
本当に少ないと言えます。

 

 

十二分にわれわれは、洗脳
されつくしているので、一瞬にして洗脳を解くのが難しいのです。

 

 

「時間は未来から過去へ流れている」これは仏教哲学の一部である、アビダルマ仏教哲学で言われている言葉です。

 

 

すなわち普段の日本人としての生活を通してでは、
この考え方は決して受け入れられるものでもありません。

 

 

ではどちらが、真実なのでしょうか??

 

 

これは実は一概には言えないのです。

 

 

というのは、真実というものは、あくまで相対的なものであり絶対というものが存在しません。

 

 

ただ洗脳を解く重要なカギということは言えます。

 

 

私たちがあまりにも過去からの時間観念にとらわれるあまり
自分を不幸にするようなことになりかねないのです。

 

 

もし過去が絶対的なものであったら一生過去の奴隷として縛られる可能性があるのです。

 

そんなはずはないはずです。

 

 

人間は過去からかなり自由に生きています。

 

確かに記憶というものは、過去からのものできています。

 

しかしいちいち細かい過去を何年も長い間保持し続ける方が
難しいともいえます。

 

 

もしそういったものがあるとすれば、過去からは解放される方がいいに決まっています。

 

だとしたら時間は過去から来るという観念に縛られる必要は全くないのです。

 

そもそも過去の記憶などというものは、とてもあいまいで正確なものとは言えません。

 

 

どちらをとるのかは自分次第なのです。

 

 

もし時間が未来から来るのであれば、明るい未来を設定すれば今や過去までが、明るいものに確実に変化します。

 

 

どちらをとった方が、明るい未来を引き寄せられるでしょうか?

 

 

答えは実に簡単でシンプルなものです。
時間は、未来からやってきます。

 

 

現実的に考えても今そのものに過去など存在しません。

 

 

そして過去は二度とやってきません。

 

 

苫米地英人さんという人は、洗脳や固定観念に縛られた多くの人たちを開放への道へと

 

案内してきた人だと位置ずけることができるでしょう。

 

長期間、古い固定観念に縛られることは良いこととはとても思えません。

 

 

この縛りを解くのに有効的な時間観念はやはり

未来→現在→過去と考えます。

 

 

この方がずっと自然な考え方であり

 

 

この原則を支持した方が過去にも現在にもとらわれず

 

 

望む未来を作ることができます。

 

 

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中年男性自分を変える方法 夢を遠慮なく書きまくる!!感情をこめて

  今日朝5時に目が覚めたので 早速パソコンを起動 近い将来住みたい理想のマンション を検索してみました。 みごと理想に近い、物件を見つけ 早速メールで問い合わせをしました。   …

中高年男性のうつの対処法 苦労の後には苦労があるだけ

男は強くあれ     この世代の男性は、小さい時から こう教わってきました。 私のブログタイトルにも「男らしく」 という言葉が使われています。 でもこの「男らしら」は決して常に力強 …

中高年男性 自分を変えて成功する みんな最初はお金がなかった!!

  自分を変えていこう こういう人たちがますます増えています。 それはもちろん今の現状に 満足できないからです。     いえ、満足できないどころではありません。 &nb …

中年男性自分を変える方法 ふだん緊張感や不安感が高い人ほど成功する!!その実態とは。

  私もこの歳(52歳)になって さすがに、何かの成果、成功をおさめなきゃ と思い始めました。 そしてあらゆる自己啓発本などを読み漁り こういった言葉にぶつかりました。 「ワクワクしてリラッ …

中高年男性、生きるのがつまらない?つまらない人生を楽しく生きる方法。

  男性の生き方。 今までの一般的に言われてきた一本のレール。   「卒業」→「就職」→「結婚」→「ローンや子供の教育資金に追われる」 →「定年退職」→「年金だけじゃ生活できず、バ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。