自己啓発

自分を変える方法  どうしても許せない相手がいるとき 認識と考え方を変える方法とは

投稿日:2017年10月3日 更新日:

Pocket

 

自分を変えるには、こういった前提が
必要ではないでしょうか?

 

 

対人関係などのトラブルで起こったことの
すべての責任は、自分にもあると。

 

 

たとえば、明らかに上司や同僚などに不条理なことを
言われとき、一瞬こう考えてしまいます。

 

 

私が絶対に正しくて、相手が絶対に間違っている。

 

スポンサードリンク




 

 

 

かなり一方的に不条理なことを言われてしまうと
誰でも一瞬は、ムカついてしまうものです。

 

 

その相手が明らかに全面的に間違っていると感じるものです。

しかし実際にそうでしょうか?

 

 

相手がよほどひどい人間なら別ですが、そうでない場合

もしかしたら自分にも非があるかもしれないと考えてみては
いかがでしょう?

 

 

結構そういう場合も多いものです。

 

 

もしかしたら知らず知らず自分がその人を傷つける何かを言ったのかもしれません。

 

 

人間関係のトラブルにおいて100対0ということは、ほとんどないのではないでしょうか?

 

普通に理知的な人ならここは理解できるところでしょう。

 

しかし世の中には、自分の言っていることが絶対正しく

相手は絶対に間違っていると勘違いをして長い間それに気づかず

生きている場合も多いのです。

 

 

こういったタイプの人たちは、往々にしてこう考えてます。

 

 

私がこうなってしまったのは、あの人のせいだ。あの人の一言で人生が狂ってしまった!!

 

 

親のせいで人生が狂ってしまった!!

 

 

こういった人たちを犠牲者意識を抱えた人たちと言います。

 

 

誰かがあなたをひどく傷つけたとしても

その言葉を受け入れ、鵜呑みにし、長い間その人のことを

意識し続けたのは、実は自分自身なのです。

 

受け入れた自分の責任なのです。

 

その場で受け入れないという選択肢もありました。

またその記憶を長い間保持しないという選択肢もあります。

どちらの選択も自分自身でできることです。

 

 

この自己責任という感覚がまるでないというと

とんでもない、独りよがりの信念を身に着けてしまいます。

それは、強い怒りを生み出します。

相手のことを絶対許せない、一生許さないと感じてしまいます。

 

 

これで犠牲者意識は強化されます。
しまいには、周りはみんな馬鹿ばかりという
間違った思い込みを保持するようになります。

 

これでは、自分を変えるどころか一生を棒に振ってしまいかねません。

 

 

全く幸福を感じることができず、一生を送りかねません。

 

怒りっぽい人、常に怒りの感情をあらわにする人

こういった人たちは、犠牲者意識の中に自分の人生を置いている可能性があります。

 

人は本来、誰かの犠牲者で生き続けることはできません。

これではまるで奴隷としての人生を歩むことのなってしまいます。

 

もしあなたにどうしても絶対に許せない人がいるとしたら

犠牲者意識のとりこになっている可能性があります。

 

 

 

 

ぴっぴ

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を変える実践的な方法 ホ・オポノポノ 実際やってみた結果が!!

  自分を変えたい!! そう思う人が増えています。 それは、健康的な証明でもあります。   自分を変えたいと思って人は、全く間違っていません。   そこでたくさんの成功法 …

ギャンブル依存症になる中高年男性。実は自分を責めすぎている。

これは、いまさら言うまでもないことですが かつて日本は、パチンコに年間30兆円 使ってました。今でこそ20兆円を切りましたが それでも国家予算の5分の1は使ってることになります。 もちろん全くのゼロ産 …

新しい幸せのレシピ。苦労と努力を手放して もっと気軽に生きる方法とは

          幸せってなんでしょう? 人間の古代からのテーマで その源は、ソクラテスやプラトン などのギリシャ哲学にあるのかもしれません。 また …

好きな彼氏彼女に愛をストレートに伝える.。告白しなきゃ何も始まらない。

  好きな人ができたとき、告白したくなる時皆さん戸惑うと思います。どうしたら気持ちを素直に受け取ってくれるか、相手によって少し違うからです。ただその違いは実際付き合ってみないとわからないもの …

若い女性にキモいと思われないように。一方的に話すのはよそう。

このサイトは、キモいといわれる世代 のためのサイトです。 もちろん簡単にキモいといわれたくないですよね。 ですので、キモいままで逆襲するという 意味ではありません。 むしろキモい世代がかっこいいといわ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。