自己啓発

自分を変える方法 第一印象は笑顔で驚くほど変る その理由とは

投稿日:2017年9月28日 更新日:

Pocket

 

自分を変えるのに一番手っ取り早いのは
ズバリ外見です。

 

人間はその人を判断するときに、外見をまず意識します。

 

それは、着てるものや髪形だけではなく、
あなたが「輝いてるか」を見るんです。

いわゆるオーラというものです。
オーラと言っても難しく考えないでください。

 

その輝きはズバリ、顔の艶なんです。
外見、着てるものや身に着けてるものは、買えばいいだけの話です。
おしゃれは案外簡単です。

 

 

光り輝くオーラを発するのは難しいです。
まず顔の艶を出すことを意識しましょう。

 

 

最初のうちは、男性でも化粧水をつけることをお勧めします。
その次に常に明るい表情を出すことを意識しましょう。

 

 

笑顔があなたを変えるのです。

 

 

それは、人間やっている以上いやなことは起こります。
それは仕方がないことではないでしょうか?

 

どうせなら笑顔でいることです。
そのほうが人が集まってきますし
いい情報も自然と入ってきます。

 

コミュニケーションの基本は、笑顔です。

 

 

笑顔は人を幸せにするばかりか、自分も幸せにします。

 

こうして全体が上がってくるのです。

 

これをオーラというのです。

 

別に不思議系の話ではありません。

 

本当に自然なことなんです。

 

 

今笑顔を失ってる人がとても多いです。

 

気持ちはよくわかります。

人間関係がうまくいかなかったり

請求書に追われていたり

とても笑顔なんてって思える状況ですよね。

 

 

だからこそ笑顔で人と接するんです。

 

 

逆なんです。

 

笑顔から幸福が生まれるんです。

 

幸福になって笑顔になるのではありません。

 

 

もちろん道徳論でも精神論でもありません。

 

ただ私は自然の法則について語ってるにすぎません。

 

 

笑顔を意識すれば必ずあなたは変わります。

 

いつもブスッとしていたら何も変化は起きません。

 

変化が起きないどころか、事態はどんどん悪くなっていくでしょう。

 

いやな奴に無理やり笑顔で接する必要はありませんが、

 

普段、人と会っているたわいのない場面にブスッとする必要はありません。

 

とにかく笑顔で接しましょう!!

 

 

あまりにも事態が好転するのにびっくりするでしょう。

 

 

まずはおしゃれをして外見を変えましょう。

 

そしてまんべんの笑みで他人に対峙してみましょう。

驚くほど現実が変化します。

 

私は、何十年もブスッとして人と接してきました。

いいことなんて起こるはずなですよね。

 

 

一気にこれを改善して笑顔で人と接するように心がけてます。

 

 

これだけで、あなたは変わります。

この変化は、すさまじいものがあります

 

笑顔は1ドルの元手もいらないが、1000万ドルの価値を生み出す

デール・カーネギー

 

 

 

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

優しすぎて結婚できなかった、中年男性。決断力を強化しよう。

    男は、タフじゃないと生きていけない 優しくなければ生きていく資格がない これは、ずいぶん昔のCMのキャッチコピーでした。 確かに男は力強く、女を守ってあげなくてはなりません …

自分の内なる声に耳を傾けるときにこそ心の平安がやってくる

  外の世界を見る人は、夢見てる。 内なる世界を見る人は、目覚めている。 心理学者 カール・グスタフ・ユング   皆さんこのユングの名言をご存知でしょうか? 「内なる世界」とはいっ …

40代独身男性 モテない理由に 自分に性癖がないかチェックしよう

  性癖とは、行動上の癖のことです。 たとえば、やたら物を集める 収集癖  物事を完ぺきに済ませないと気が済まない 完全癖 自分を大きく見せたいためについ嘘を ついてしまう 虚言癖 自分の裸 …

40歳からの人生設計 いくら努力しても楽しさには勝てない

  私たち中高年世代、学校でも社会でも 「努力は必ず報われる」「根性があれば何でも乗り切れる」と言われて、育ってきました。 確かに場合によっては必要でしょう。 しかし本当に努力は報われたでし …

40代独身男性。なぜ結婚できないのか? それは焦りと劣等感です。克服のカギは恥をかくこと。

  中高年独身男性のみなさん こんにちは。 独身だといろいろ肩身の狭い思いを してきたでしょう。 世間体だとか 劣等感だとか。 同僚の結婚式 に出席するたんびに 俺にこういう日はいつ来るんだ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。