自己啓発

現在の日本の不景気を究明する。  政策の失敗か?  それともマインドの問題か?

投稿日:2017年12月1日 更新日:

Pocket

私は普段あまり政治には、関心がありません。自分を変えていき、自分が幸せになるときに政治家は、

ほぼ私とは無関係だからです。

 

自分が成長するにあたって貧困の問題や不景気の問題にはあまり興味を示さないことをお勧めします。

 

繁栄の方だけに目を向けましょう。

日本の食べ物の残り(残飯)で世界中で飢餓に苦しんでいる人たちの6分の1の命を救えるという説もあるくらいです。豊かな国に住んでいるのです。ここはむしろ感謝すべきでしょう。

 

しかしどうも引っかかるところがあるのです。それは20年近くも続いているデフレです。

デフレとは一言で言って「物を買わない」人が増えてしまったという現象です。安いもの、無料で使えるものを求めます。

 

なぜ物を買わなくなったのでしょうか?それは疑う余地がないのです。消費増税です。

 

日本は借金大国なので増税は仕方ないのではと思っている人は、はっきり言って勉強不足です。

この国に借金などありません。対外純資産300兆円の世界最大のお金持ち国家です。

 

確かに政府の借金はあります。1000兆円あると言われています。その借金はいったい誰から借りているのでしょう。私たち国民です。ですので財務省の発表は真っ赤なウソなのです。

 

そのウソは何のために使われたのでしょう?ズバリ消費増税です。

このウソのために長い間、日本はデフレの中にいます。そういった意味で現代の日本の不景気は、マインドの問題ではありません。明らかに政策の失敗です。つまり政治家が悪いとみてまず間違いないのです。我々には基本的には責任はありません。

会社勤めをしても給料は上がりません。一般企業は先行き不透明のため、内部留保を積み上げています。

人件費にまわす余裕がないのです。日本の内部留保の総額は、なんと約800兆円もあります。まさに死んでるお金です。

業績をごまかすために、見栄を張るために自社株買いに使われているのです。これでは格差が起こって当然です。

 

では打開策はないのでしょうか?あります。会社に依存するのをやめることです。

少しずつでいいので副業を始めましょう。個人個人が自立する時代に入りました。誰でも起業できるのです。

 

インターネットを活用すれば、資本金は本当に少なくて済みます。

 

できれば自分の好きなことをして稼ぎたいですよね。

 

あなたの思い次第でそれは実現できます。これからは自由な発想や自分だけのコンテンツが、重要になってきます。

 

それは誰にでもできることです。誰でも発信者になれます。

 

能力の差なんてありません。それはもう科学的に証明されています。

 

会社に依存する時代はもう終わりを告げようとしています。あなた自身を発信して稼いでいく時代になったのです。

 

 

 

高本哲

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中高年男性 自分を変える ネガティブな感情 自己嫌悪 罪悪感 恐れ 怒り その正体とは

  こんにちは。 自分を変えたい!! そう思ってるのに変わらない!! その障害となっているもの 1 記憶(過去の忘れられない出来事) 2 思い込み(自分に対する歪んだ考え) この二つだと思い …

中高年男性自分を変える方法 自分の中心からぶれない生き方とは?

  毎日忙しい日々を送っている 中高年男性には、時として 自分を見失い 自分が自分でなくなる そういう感覚に襲われることは ありませんか?   もうやることがいっぱい 休日でさえも …

何か失敗したときに「許す」「疑わない」「確信する」と大声で言ってしまいましょう。効果絶大ですよ。

人生の上で失敗やいやな体験はつきものです。いやそれどころか失敗の少ない人って私に言わせれば、少しあやしいと思ってます。   また失敗の少ない人って(そういう人っているんでしょうか?)その分、 …

弱者が弱者を叩く、思いやりのない、世界一心の貧しい国 日本

    今回は、中高年男性 の方々に限らず、どうしても 考えていただきたいことがあるので それを書かせていただきます。   現在の日本 経済大国でありながら 非常に心が貧 …

中年男性自分を変える方法 あなたがダメ人間だという事実は存在しない。

  中高年になっても鬱になったり 自殺する人が後を絶ちません。   今回は新たな角度から、 なぜこういった人たちが多いのだろう。 少しずつ考えていきたいと思います。   …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。