自己啓発

中年男性自分を変える方法 スローライフと徹底した断捨離をお勧めします

投稿日:2017年7月18日 更新日:

Pocket

 

スローライフとは、いったいなんでしょう?
田舎で「ゆっくり暮らすこと」ですか?

あるいは、スパゲティーを「ゆっくり」
食べることですか?

 

中高年男性、そろそろ都会の喧騒から離れて
ゆっくり田舎で暮らそう。

たしかにこれもスローライフの考え方です。

スローライフとはもともとスローフードから

スタートしたものです。イタリアに進出した

ファーストフード、に対抗してできた言葉が

スローフード 確かにゆっくりをいう意味では

田舎暮らしもスローライフの要素の一つではあります

 

 

しかし本当のスローライフの意味は、
田舎暮らしや「ゆっくりと食事をする」
という意味ではありません。

実はスローライフとは、心持ちを豊かにする

という意味だと私は考えます。

本来の人間の心の豊かさは環境には

左右されません。都会のど真ん中でも

堂々とスローライフは送れます。

逆に心が豊かでない人は、田舎に行っても

それは変わりません。

日本の田舎のどの国道を走っても

パチンコ屋はたくさんありますし

しょっちゅうイライラしてる人たち

すぐに怒る人たち、酒ばかり飲んでる人たち

たくさんいますね。

ですから 田舎暮らし=スローライフとは

とても言えませんね。

 

 

だからあえて都会でのスローライフを提唱します。

 

 

心道を豊かにして、大都会でスローライフを送ろう

これが私の新しい価値観です。

ではどうやって心を豊かにするのか

実は簡単なことなんです。

ものを徹底的に捨てることなんです。

いわゆる今トレンドの断捨離ですね。

部屋がものでいっぱいだと

心も乱れると、科学的には証明されています。

もちろん断捨離とは、部屋を掃除することではありません。

いらないもの、そしているかいらないか、迷うもの

これらをすべて捨て去ることなんです。

 

私も3か月前、断捨離をしました。

なんと部屋の中のものの半分が

ものの見事にゴミでした。

半分ですよ!!

つまりゴミとともに長い間生活していたわけです。

これじゃ心持もイライラしているはずですね。

 

迷ったら捨てましょう。

 

これは、もったいないからとっておくかな?

これではだめです。迷ったものは全部ゴミ箱行きです。

まだ使えるからとか、そんなことは関係ありません。

 

あなたの家も実はゴミ屋敷かもしれませんね。

 

 

もちろん捨てられない事情も分かります。

今なかなかゴミを出せなくなりました。

大きなものを捨てると税金がとられることもあります。

実はこの、ごみを出せないことが日本の不景気を促進しています。

捨てないということは、買わないということです。これでは消費が促

進されません。

 

 

それでも思い切って捨てましょう?

100円で買ったマブカップ、そんなに魅力的ですか?

 

 

断捨離だけでも心が豊かになります。

私も精神的に非常に楽になりました。

 

 

都会のど真ん中でできるスローライフ、その重要な一つが断捨離です。

 

 

ぴっぴ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を変える方法   ナポレオンヒルの名言 思考は現実化する これを徹底検証する

  この名言には、実はルーツがあります。   「思考は現実化する」英語タイトル原題は「The Think and Grow Richi Action Pack」   19 …

アンチエイジング!!年を取ると老化するという科学的根拠はありません。

アンチエイジング 年を取ると老化するって本当か   私は以前から大変疑問に思っていました。   年を取ると老化するという科学的根拠はあるのだろうか? たとえば老衰で死ぬという人はま …

日本人空気読むばかり 自主性はどこへ KYのすすめ

  私はよく人から空気読めない人かもと 思われてしまいがちです。 このブログもなんか一風変わってるでしょう。   実は私空気が読めないんじゃなくて 空気自体が嫌いなんです。 皆同じ …

中年男性自分を変える方法 夢を遠慮なく書きまくる!!感情をこめて

  今日朝5時に目が覚めたので 早速パソコンを起動 近い将来住みたい理想のマンション を検索してみました。 みごと理想に近い、物件を見つけ 早速メールで問い合わせをしました。   …

自分を変える実践的な方法 競争意識を手放せば、お金は入ってくる?

  私たちは、この日本という国 つまり資本主義の社会で生きています。 そうすると競争は当然だろう。 と思うのは、当たり前かもしれません。 しかし実はこれ間違ってると言ったら 驚いてしまうので …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。