自己啓発

新しい人間関係の考え方 空気など読む必要はないかもしれない

投稿日:

Pocket

新しい人間関係の考え方 空気など読む必要はないかもしれない

 

5年ぐらい前からでしょうか?「空気読め」という言葉が定着しているようです。いやもう古くなっているかもしれません。

確かに場の雰囲気を読むということは、必要でしょう。しかし度が過ぎるととてもつまらない空間になってしまいます。

 

同じような人たちがいる集団とは、面白くないのです。面白くないばかりか危険さえもはらんでいます。

別に空気を読まなくても人気者という人たちは大勢います。

集団全体が暗い雰囲気になったとき、配慮があり笑顔を絶やさない人は、その場を盛り上げようとします。

私も以前そんな感じの人でした。突然とっぴおしもないことを言ってみんなを笑わせたものです。

スポンサードリンク




共同体の暗黙のルールや雰囲気を破ってしまってもポジチィブな言葉を使う人は、決して嫌われたりはしません。

 

むしろ個性的な人、「キャラ得」と思われるでしょう。あなたが「どうやって空気を読めるようになるのか」悩ん無必要など本当にあるのでしょうか?

ないと考えます。ネガティブでさえなければ、かえって好かれるはずです。

かつての日本を引き合いに出して申し訳ないんですけど、ちょっと変わった人というのは むしろ重宝されたものです。

私の子供のころの話ですが、「酔っ払い演説おじさん」なる人がいました。昼間から酔っぱらっていることがいいか悪いか別にして、その人の演説をよく聞きに行ったものです。

大人も子供も彼のもとに集まりました。話の内容はさておき、人を笑わせるのがとにかく得意でした。きっとハッピーなメッセージだったと思います。いつも彼の演説が始まるのを楽しみにしていました。

 

このように以前は、ちょっと変わった人を受け入れるような寛大さがこの日本にはありました。ところが現在はどうでしょう。もし「酔っ払い演説おじさん」がいたら警察に通報する人が出てくるでしょう。

一言で言うと「世間が狭く」なってしまったんです。寛大な人が少なくなりました。

皆うつむいて笑顔が少なくなりました。とても残念なことです。

 

私は決して昔が良かったと言っているのではありません。

 

今の日本はあまりにも神経質化してしまいました。人に異常なほど気を使い、時には自分や他人をおとしこめるようなことを平気で言います。

自分を押さえつけ周りに異常に合わせようとします。同じような人たちが多すぎる社会の中では、幸せを感じるのが難しいのかもしれません。

 

今PDHを作成しています。タイトルは「あなたの人間関係が劇的に変わる、魔法のセルフトーク」です。

その一部から抜粋しました。

 

 

高本哲

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

40代独身男性 モテない理由に 自分に性癖がないかチェックしよう

  性癖とは、行動上の癖のことです。 たとえば、やたら物を集める 収集癖  物事を完ぺきに済ませないと気が済まない 完全癖 自分を大きく見せたいためについ嘘を ついてしまう 虚言癖 自分の裸 …

自分を変える方法 行動力のつけ方 なぜ行動できないのか徹底検証してみよう

  ネットビジネスなどをするにあたって、なぜか行動に移せない、ノウハウは学んだものの実践できない、そういう方って多いのではないでしょうか。   私も腰が重いタイプだったのでなかなか …

自分を変える方法  自分を越えよう 自分の中の制限を外す方法

      自分を変えるには、自分の制限を外すということを 行うことが必須になります。   自分に限界を設けているのは自分自身です。   人間はその潜 …

中高年男性 ネガティブな7つの感情をクリアにする方法を公開 1

  ネガティブな7つの感情   1自己嫌悪 2罪悪感 3恐れ 4怒り 5悲しみ 6不安 7羨望・嫉妬   この7つの感情をやわらげる方法を わたしなりの解釈で提案します。 …

あなたの最愛なる隣人は誰ですか? それはあなた自身です。あなた自身と恋愛関係をつくりましょう。

    我が君、己を愛することは、己を無視することに比べたら、 たいした罪にはなりませぬ。 ウイリアム・シェークスピア   私は自分を責めてばかりいる人にはたくさん会いま …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。