自己啓発

中年男性 メタボのどこがいけないか?ストレスが原因だからです。

投稿日:2017年7月13日 更新日:

Pocket

中年男性のメタボ解消法

 

 

私は、この記事を書くときに
一つの抵抗を覚えます。

 

なんでメタボじゃいけないんですか?

 

これが正直な気持ちです。

 

実は、「メタボ」とは、政府が作った造語で
本当に健康に悪いのか、実に怪しいのです。
私自身メタボですが、メタボで健康を害した
ことは一度もありません。
心筋梗塞・脳梗塞・脳出血の原因ともなると
一般には言われていますが、私自身の考えは
それぞれに個人に合った、体重や血圧があると
思っています。

というか思ってました。

 

しかしこの情報を得て考えが少し変わりました。

 

 

メタボの主な原因 それはストレスなのです。

 

 

私は、メタボの原因とは、若いころと比較し
新陳代謝の速度が落ち、体に脂肪が残りやすくなる。
と簡単に考えてきました。
でもこの考え、明らかに違いますよね。
それは中年男性でもメタボじゃない人が
たくさんいるからです。そうではなくて。

 

 

実はストレスが原因だったのです!!

 

ストレスが多いと交感神経が活発になり
睡眠不足になる場合もあります。
そうすると成長ホルモンの活性が低くなり
おなかに脂肪が付きやすくなります。

 

 

つまりストレス管理が全然できてなかったんです。

 

 

確かに近年、パソコンなどの便利なものができ
そういったものに対してスキルを身に着けなければなりません。
それとともに情報量が多くなり、それに対処しなければなりません。

またコミュニケーションも多様化し、それに合わせなければなりません。
多様化したと同時に「神経質化」しました。
特に中高年世代の育った環境(60年代~80年代)と比べると
日本社会自体がとても神経質化しました。

会話の際も特に若い世代と会話する際、
気をつけなきゃいけないことが、増えました。
めったなことが言えなくなりました。
何の悪気もないつもりでもパワハラだとかセクハラだとかの問題
になりかねなくなりました。

 

 

中高年男性にこそストレスが多いのです。

 

 

さて解決策はあるのでしょうか?
もちろんありますし、だれでもできることです。

 

 

ストレス解消法 それは、運動です!!

 

 

私は、どちらかというとインドア派であまり外に出ません。
本当に反省しています。

運動といっても、無理してジムに通うとか
ハードな運動は必要ないと思います。
ウォーキングが最高じゃないでしょうか?
お金は一千もかからないし、
知らない場所を散歩するとたくさんの発見があります。
またウォーキングには、あの大切なホルモン
セロトニンを出す効果が期待できます。

もちろん、打ちっぱなしゴルフ、バッティングセンター
ヨガ カラオケ などもいいかもしれませんね。

 

中高年男性のみなさん!!
運動でストレスを開放し メタボとさよならしましょう!!

 

 

それと腹が出てるのはやはりかっこ悪いです。
どんないい服を着てもごまかせません。

 

 

 

 

ぴっぴ

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新しい幸せのレシピ。苦労と努力を手放して もっと気軽に生きる方法とは

          幸せってなんでしょう? 人間の古代からのテーマで その源は、ソクラテスやプラトン などのギリシャ哲学にあるのかもしれません。 また …

このブログを大きく方向転換します。優しい読みやすいものに変えます。

大きくこのブログの基本コンセプトを変えようと思いました。   今までやや専門的で難しい記事もありました。反省しています。もっと多くの方に読まれたい、そしてもっと生活感を出したいと思いました。 …

中高年男性 同調圧力と過労死、過労自殺についてついて真剣に考えよう

  日本のかなり昔からの悪しき風習に 同調圧力というものがあります。 例を挙げればきりがないのですが あの勝てるわけがない対米戦争に 突入した一つの要因として 同調圧力が挙げられます。 もち …

自分を変える方法 認知療法の活用方法 思考の歪みを正せば楽になります

  前回こういった提案をさせていただきました。     間違った「思い込み」をすべて いいものに変えてしまうと・・     その一番目にそもそもの問い …

ダメな自分を変える方法  自己啓発で有名なジョセフ・マーヒィーの本当に言いたかったこととは

  このブログでは再三言っていることがあります。 それは、あなたが「ダメな人間」などということは あり得ないということです。 あるとしたらその証拠を見せてほしいです。 人間だれしも間違いを犯 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。